実用書を書く

論文は学術的で高度で専門的である。そのため、理解する対象読者が限られてくる。しかし、それまで高度ではなく、一般読者でも理解できる事象、物語の内容、技法、方法を分かりやすく書く方法が存在する。それは実用書である。または、解説書という。これは自費出版本が出しやすい領域である。書く対象は星の数ほどある。実用書の著者は当然であるがある分野に精通していなければならない。書く対象は、仕事の実務や趣味が中心になってくる。勝負は知識の深さである。そこから発信される情報の正確さが実用書に命になる。そこに理論がついてきたとしても、みんなにとって分かりやすいものでなくてはならない。実用書は淡々と事実を書くことが求められる。エッセーの一種である紀行文から著者の感情を削除し、空いた部分に実用的な情報を書くとそれは、旅行者向けの実用書になる。実用書は自分が持つ知識や情報をできるだけ分かり易く読者に伝えることが大切である。そのためには、文章だけに頼ってはいけない。図やイラスト、統計などの力を借りるとよい。実用書の読者は手っ取り早い情報を獲得したがっている。しかし、ある特定の分野に精通したものなら、それに対する熱い想いがあるはずだ。ただ淡々と知識を書くだけだと、著者は不満に思うかもしれない。その場合は、本の区切りとなる部分にコラムを入れるとよいだろう。コラムは読者の息抜きになる。また、その分野への興味も増すだろう。