広がる可能性

近年、インターネットの目覚ましい普及により、ほとんどの人はインターネットを日常的に利用していると言っても過言ではないのではないでしょうか。出版界でも、ネット書店が大きく成長していたり、電子書籍ユーザーの急増、また、反対にブログから本が製作されるなど、まさしくその影響はなくてはならない存在と言えるのではないでしょうか。大型書店での販売も、今や店頭の他に、当たり前のようにインターネットでの販売が連動させられていると言えるでしょう。また、著者側も、ブログやSNSなどで文章を書くこと、また公開することへの興味は格段に上がっていると言えるのではないでしょうか。不特定多数の読者に向けて公開されるインターネットの普及により、本や文章に対しての壁が低くなっているのかもしれません。また、ダイレクトに感想や反応が返ってくることで、新たな意識が生まれ、より良い記事を書こうと思える環境でもあるのではないでしょうか。それゆえ、自費出版を望む人が急激に増えていると言われています。これは、自分の思想を伝える媒体が広く一般的に普及しているという事が挙げられるのではないでしょうか。インターネットの双方向性は、読者にとっても著者にとっても「読み物」の可能性を大きく広げ、成長させてくれる媒体として確立しつつあるのではないでしょうか。また、趣味としてブログで小説を発表したりといったことが可能になり、それが出版への抵抗を無くす要素となり、培った自信やスキルが後押しすることもあり、近年、自費出版を希望する一般の方が増えたのかもしれません。夢が身近になっているといっても過言ではないかもしれません。インターネットは、出版界はもちろん、著者自身の可能性を大きく広げた媒体と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です